ビックフードプロデュースは、商品企画~販路開拓までを一環してサポートする マーケティング会社です!

バイヤー食品評価調査

  • HOME »
  • バイヤー食品評価調査

 “売れる商品づくり”のための バイヤー食品評価調査 

売れる商品を開発するには、市場や消費者のニーズ把握は勿論、
開発する商品の優位性や売れるターゲットを見極める事が重要です。

開発した商品が、期待通りに売れないのは、「商品が市場ニーズを捉えていない」「商品の狙う市場が違っている」「販路開拓やPR手法が市場に合っていない」などの要因が考えられます。その様な現象が起こるのは、それらを見極める調査活動が不足している事が挙げられます。

【商品が期待通り売れなかった要因】

上位項目での理由の傾向は 調査不足から起きたものと読み取れます!

 

 商品開発をするには、どの市場で、どの顧客、どの場面に向かって商品づくりをすれば良いのか、事前にバイヤーへ食品の評価調査をする事が必要です。

以下の課題を抱いている企業の方に、最適な調査です。

“新商品を検討しているが、その商品が受け入れられるかどうかを知りたい”

“新商品の試作品が出来たが、その試作品のニーズや課題、ターゲットが分からない”

“現商品の改善を行いたいので、その商品の課題、改善アイデア、販路先を知りたい”

 

【売れる商品づくりからブランディングまでの流れ】

%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e6%b5%81%e3%82%8c2

 

バイヤー食品評価調査の特徴と活動ステップ

 【特徴】

  1. 北海道の食品に拘った商品開発やマーケティングの相談件数は250社以上
  2. その活動において、築いたバイヤー(首都圏)のネットワークは約200名を数える
  3. その200名のバイヤーの中から、商品特性や目的に合ったバイヤーの選択が可能
  4. 当社専門調査員がサンプルや資料を持参し、商品開発のニーズや課題を確認

特徴
活動のステップ】
活動のステップ

バイヤー登録企業名はこちらから

 

バイヤー食品評価調査項目

1.開発したい食品の評価

  ①内容の評価(風味・食材・価格・容量・パッケージ・添加物・賞味期限等)

  ②ニーズの評価(市場・ターゲット・属性・場面・地域等)

  ③ブランドの評価(コンセプト・ネーミング・ストーリー・オリジナルティ等)

  ④取引条件(問屋・直販・掛率・ロット数・生産量・品質表示等)

  ⑤今後の採用の可能性

 

2.類似商品の取扱いと課題の発見

  ①類似商品の品揃えと売行き状況

  ②類似商品の購入者層と購入頻度

  ③類似商品の課題点と勝つ為の競争力ポイント

※商品特性や活動目的によっては、調査項目の変更も行います。

161117_5

<ベーシックインフォメーションセンターの所感>

●以上3名の各々の評価まとめ●ベーシックインフォメーションセンター㈱の所感

①開発商品の市場規模の想定と今後の成長性(競合・ニーズ)

②開発食品の基本概念の考え方(ブランドアイデアとコンセプト)

③開発食品の狙うべき市場領域の考え方(ターゲット・食べる場面・販路先)

④開発食品のマーケティング展開の考え方(優位性・価格・容量・PR方法)

料金及び活動条件

90,000円(外税)/バイヤー3名調査・所感

※活動期間3週間前後/サンプルや資料の準備/出張費用は実費請求

【活動条件】

  • バイヤー約200名の中から、具体的な回答が得られるバイヤー3社を弊社で選択
  • 依頼企業側でバイヤー指定や登録している200名以外のバイヤーを希望する場合は協議
  • 打合せと報告は、直接面談が効果的ですが、遠方の場合はTV電話(スカイプ)での対応も可能
  • 打合せと報告を直接面談で行う事を希望する場合は、出張費用実費請求
  • 当調査活動は、お互いの活動目的の意思確認の上、弊社契約書に基づき契約を締結
  • 支払条件は、契約締結後、全額入金。その入金が確認されて当調査の活動開始(状況により協議)
  • バイヤー評価調査3名以上、又は具体的な事業戦略や販路開拓を希望する場合は見積書提出

商品完成後の主なサービスサポート

  • 商品開発の技術評価、試作品づくり、レシピの指導
  • パッケージデザイン・WEB・チラシ・パンフレットの制作
  • 当調査を行って開発した商品については、以下のチャネルでの展開が可能

①当店「秋葉原ちゃばら 北のこだわり逸品 北海道コーナー」で3ヶ月間テストマーケティング

②AKOMEYA TOKYO 銀座店及びバイヤー評価調査先店舗での取り扱いの交渉と検討

③弊社のネット販売サイトで掲載の検討(2017年開始予定)

秋葉原ちゃばら 北のこだわり逸品 北海道コーナー

秋葉原ちゃばら北のこだわり逸品北海道コーナー

AKOMEYA TOYOKO 銀座店

AKOMEYA TOKYO 銀座店

 

バイヤー食品評価調査の活動事例についてはこちらから

 

(問合せ)ベーシックインフォメーションセンター株式会社

TEL:03-3864-6351

BiC Food Produce 担当 菱沼(ひしぬま)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
北海道食材 モニター募集!
北海道のこだわり逸品コーナー テスト販売企画
北海道マッチングポータルサイト
講演・コンサルティングの実績・ご依頼はこちら
Facebookもチェック

BiC FOOD PRODUCE FBページ

Facebookもチェック

社長 伊藤 敏郎のFB


ミラサポ
オホーツク財団HPへ
北海道食産業総合振興機構
北海道フードフロンティア(株)
FOOD ACTION NIPPON
ベーシックインフォメーションセンター株式会社
PAGETOP

Copyright © 2014-2017 BiC FOOD PRODUCE. All Rights Reserved.